ペット

ダイエット用のキャットフード

人間と同じで猫にもダイエットが必要になってくる場合があります。
猫も太りやすい体質、太りにくい体質もあるのです。
ダイエット用のキャットフードが販売されていますので、利用してみるのがいいでしょう。

キャットフードに書かれている体重に合わせた量のご飯を上げていたとしても、どうしても太ってしまう猫ちゃんもいます。
人間でも太りやすい体質の人と太らない体質の人がいるように、書かれている用量を守っているにもかかわらず太ってしまう子がいるのです。

また、食べすぎで太ってしまう子もいます。
太りすぎると体に負担をかけてしまうことあるので、太りすぎかな? と思ったときにはダイエットをしなければなりません。
ダイエットをしなくてはと思いながらも、食事を欲しがる子からなかなか食事を減らすことができず、そのまま食べさせ続けてしまうこともあります。

食事の量を減らさずに、愛猫が満足しながらダイエットができる環境を作りましょう。
食事の量を変えずにダイエットをするのであれば、キャットフードを通常のものからダイエット療法食に変えてあげる必要があります。

ダイエット療法食はいろいろな種類のものが販売されています。
特にインターネットではいろいろな会社から販売されていますが、ダイエットと書かれているものなら何でもいいというわけではありません。

ダイエット食にもいろいろなものがあり、量を減らさずにお腹を満たすものから、カロリーを最低限に抑えているものまで、本当に種類が豊富です。

ダイエットを始める前に、一度かかりつけの獣医師にご相談するのがいいでしょう。
太りすぎの猫ちゃんには、血液検査などでほかの病気が見つかることもあるからです。
もし病気が見つかった時には、ダイエットサポート食に切り替えることが一番いいのかどうかが素人には判断ができません。

ダイエットを始める前に、一度かかりつけの獣医師に相談をし、どのようなダイエットサポート食がその子に一番いいのかを訪ねてみるのもいいでしょう。
かかりつけの動物病院で処方された食事はお値段が高いものもありますので、インターネットなどで内容物がほぼ変わらないダイエットサポート食を見つけることも可能です。

愛猫の健康管理と食事管理は飼い主の責任です。
しっかりと管理をしてあげましょう。