ペット

デハイドレイテッドフード

必要な栄養素を凝縮したデハイドレイテッド(エアドライ)フード。
保存方法などは少々通常のドライフードよりは手間がかかるかもしれませんが、
良質なフードが多いので、ぜひ利用してみてください。

最近ではデハイドレイテッドフードというものが販売されるようになりました。
これは、人間が食べているものに例えると、ドライフルーツやビーフジャーキーと同じ製法で作られています。

低温でじっくり時間をかけて水分を蒸発し乾燥させており、この製法で作られたフードは、高温で熱した時に通常だと破壊してしまう栄養素を破壊することがありません。
そのため、キャットフードの中に栄養素を十分に残した状態で販売することができます。

このフードの原材料のほとんどは肉類で占められています。
ですから、猫ちゃんの体の中でも消化吸収性が優れているのが特徴で、常温で保存することができるのが大きな特徴です。

エアドライ製法のほとんどが、オーガニックなどの自然の力を利用した栄養素を含む良質なものが多いのです。
まだ新しく開発されたばかりの製法で、この製法で作られているキャットフードは数種類しか販売されておりません。

沢山の栄養素が詰め込まれているこのデハイドレイテッドフードですが、お値段もそれなりに高価ですので、なかなか購入しようと思えないかもしれません。

しかし、肉食の猫にとっては本当に美味しいものです。
毎回このフードにしなくても、トッピングとしていつものご飯の上に少量ずつ使用することもできますし、いつものご飯と半分ずつにしてあげてもいいのではないでしょうか。

このデハイドレイテッドフードは一度封を切ったら必ず、毎回しっかりと封をして保管する必要性があります。
なぜなら、低温で水分を飛ばした乾燥食品ですので、封を開けたままにしておくと空気中の水分を吸収してやわらかくなり、腐敗の原因を招く恐れもあるからです。

デハイドレイテッドフードには、アレルギー対応のものが多くありますので、アレルギー体質の猫ちゃんにも安心してお使いいただけるものばかりだと思います。

沢山の栄養が凝縮されているこのデハイドレイテッドフードをぜひお試しください。
また、こちらのサイトでは安いキャットフードの安全性について解説していました。とても参考になりますので、是非ご覧ください。