ペット

食事療法食のキャットフード

猫が病気になった時やダイエットが必要になった時には、フードを変える必要性が出てきます。
どのような病気の時に食事をどう変えてあげる必要性があるのかを理解して、愛猫の体調管理をしてあげましょう

動物も年をとってくると食事管理に気をつけなければいけなくなります。
高齢になってきた時以外にも、ダイエットが必要な子、肝臓や腎臓が悪かったり、胆石が溜まってしまう子もいます。
人間と同じような病気にかかるということです。

人間の場合でもそうですが、体の調子が悪くなると食事療法をしますね。
猫も同様に、食事療法が必要になってきます。

毎日手作りで食事を作ることができればいいのですが、なかなか手作りを続けていくことは難しいです。
ですから、その病気に応じた食事療法のためのキャットフードが販売されています。

例えば、尿道結石の場合には、phコントロールと呼ばれる食事に変えてあげます。
尿道結石ができると、結石を細かく砕きながら少しずつ外に排出していくという方法があるのですが、このphコントロールには マグネシウムやカルシウム、リンを調整しています。

塩分も普通のキャットフードより少々多めに入っており、水をたくさん飲ませることで尿の排出を増やすという考え方です。
このphコントロールも沢山のキャットフード会社から販売されています。

尿道結石以外にも腎臓病には腎臓サポート、肝臓病には肝臓サポートといったような、その病気に合わせて様々なサポート食が販売されています。
また、硬いご飯が食べられない猫には、缶詰タイプのサポート食も豊富に用意されています。

ダイエットが必要な猫にも食事療法が必要ですよね。
カロリー計算をしながら食事を与えていくのは大変難しいことですが、ダイエット療法食はカロリーがきちんと計算されていますから、安心して与えてあげることができます。

ただし、あらかじめかかりつけの獣医師へ相談をすることをおすすめします。
ダイエットをすることによって猫の体に負担をかけることもありますので、ご自身の判断で行わないことが重要です。

愛猫の身体の健康を考えて必要な食事を与えてあげることが必要ですから、十分に愛猫の体調管理を行うようにしてあげてください。
また、ドッグフードについてはこちらhttp://www.thehockeypuck.com/kind.htmlhttp://www.mikidog.jp/1.htmlをご覧ください。