ペット

シニア用のキャットフード

猫も年をとっていきます。一日に必要な栄養素は年をとるにつれて変わっていきます。
年齢に合わせたご飯を選んであげることによって、猫の体調をしっかり管理してあげることが必要です。

飼い始めた頃は小さかった愛猫も、飼う年月が長くなればどんどん年をとっていきます。
7歳くらいから猫はシニアと呼ばれる年齢になります。

この頃から、若かった頃のようにたくさん動き回らなくなるにもかかわらず、同じだけの栄養を摂取している場合は消化機能がきちんと機能しなくなる可能性もあります。

今まで食べていた成猫用のキャットフードを食べさせていると、栄養がありすぎて太ってしまいます。
また、過度な栄養は猫の体には負担になるのです。
ですから、成猫用のキャットフードからシニア用のキャットフードに変えてあげる必要が出てきます。

シニア用のキャットフードは高齢の猫が不足しがちな栄養素を強化しているという利点もあります。
そして、成猫用のキャットフードよりも若干ですがカロリーが控えめなのが特徴です。
また、シニア用のキャットフードは成猫用よりも柔らかめにできているものもあります。

これは、顎の力が弱くなっていたり、歯が抜け始めて噛み砕くことができない猫がいるからです。
愛猫の体調や身体の変化をきちんと把握しながらどのタイプのキャットフードが愛猫に最適なのかを見極めましょう。

また、シニア用のキャットフードは成猫用のキャットフードよりも栄養価が少なくなっているため、食いつきが悪い猫もいるようです。

ですから、色々な会社から販売されているシニア用のキャットフードを試してみる必要も出てくるかもしれません。
アレルギーがある猫にはアレルギー用も販売されていますから、愛猫にあったものを選んであげるようにしましょう。

インターネットでは無料サンプルや、安価でサンプルなどを提供してくれている会社もあるので、使用してみることをおすすめします。
愛猫がこれからずっと食べていくことになるフードですから、気に入って食べてくれるキャットフードが見つけるといいですね。

一日でも健康に長く生きてもらえるように。
キャットフードのお薦め口コミのくわしいページも参考になるかと思います。