ペット

タンパク質が多いとなぜいいの?

猫は昔、野山を駆け回って動物を捕食していました。
これは猫の体に必要なのが動物性タンパク質だからであり、犬とは食べているものが違うのです。
猫の習性をきちんと理解し、猫に必要な食べ物を摂取できる環境を整えてあげましょう。

猫の腸はほかの動物に比べて短いです。
キャットフードは種類が多く、愛猫が好きなものを与えている方が多いと思います。
好きなものばかりをあげているのが、本当に猫のためにいいのでしょうか?

まずはとても値段が安いキャットフード。
これは賞味期限を延ばすために酸化防止剤が使われているものが多いです。

猫の体はとても小さく、毒素を排出することが困難です。
ですから、なるべく余計な添加物が混入していないキャットフードを選びたいですね。

また、猫は肉食獣に属しています。
犬は肉食獣ではありません。ですから、肉食獣である猫には高タンパクが必要なのです。

よく言われることなのですが、犬にキャットフードを与えるのは絶対に避けなければなりません。
なぜなら、犬に必要のない高タンパクが大量に含まれているため、犬の健康を害してしまいます。

逆に 猫にドッグフードを与えることも避けなければなりません。
なぜなら、タンパク質が足りず猫の健康を害してしまうからです。

さらに犬と猫では必要になる栄養素も全く違います。
ドッグフードで猫は健康に育つことができないのです。

キャットフードには猫に必要な栄養がバランスよく配合されていますので、猫が健康に毎日を送ることができるのです。
猫の体の特徴をしっかりと知ることで、最適なキャットフードを選ぶことができるのです。

猫は自分でキャットフードを買いに行くことはできません。
飼い主が買ってきてくれたものを食べることしかできないのです。

ですから、飼い主が責任をもって、愛猫のために良質なフードを選んであげなくてはなりません。
野菜入りキャットフードも名前の響きは良いですが、猫にはどうなのでしょうか。
愛猫が健康を維持して長生きするには、飼い主が愛猫の食事に気をつけてあげようとする気持ちが必要なのです。
愛猫の体に必要な栄養素をきちんと理解して、毎日の生活を一緒に過ごしてあげてください。
市販のキャットフードの安全性の詳しい解説ページもご覧になってみてください。